「日本と米国の国民の間にある緊密な絆と共通の価値観が、両国のグローバル・パートナーシップの基盤を成す。日米関係の強さを引き続き確実なものにするために、日米両国政府は2020年までに双方向の学生交流数を2倍にするとの目標を共有する」

—2014年に安倍晋三総理とバラク・オバマ大統領が発出した日米共同声明より抜粋
詳しい内容を読む »