「・・・パートナー候補との最初の交渉から、プログラムの設計と実施、関係の監視と維持にわたるあらゆる段階で、全当事者の文化的な文脈を考慮しなければならない」

— ロビン・マトロス・ヘルムズ、2015年(PDFファイルを表示)»

 


 

「[機関によっては]海外出張中に協定に署名し、時期尚早な約束をする場合がある・・・このような協定の多くは具体的な成果を生み出さないし、 [協定によって]期待をふくらませたパートナー候補機関の側に憤りをもたらす可能性さえある。」

ジャック・バン・デ・ウォーター、マデリーン・F・グリーン、キンバリー・コッチ、2008年