「・・・[学術機関の]変革には、何度もオープンな対話を持つことが必要にある。学術機関の関係者は生まれつき解釈を好む性質を備えているため、新しい契約条件とその変革がもたらす可能性のある影響を詳細に検討する時間と場が必要になる・・・[彼らには]学習し、納得するための時間が必要である」

— ジャクソン・カイトル、2012年