シリコンバレー滞在中の早稲田大学生

画像提供:早稲田大学グローバル・リーダーシップ・フェローズ・プログラム(GLFP)アーカイブ

 


ベストプラクティス事例:
早稲田大学
Global Leadership
グローバル・リーダーシップ

グローバル・リーダーシップ・フェローズ・プログラム(GLFP)は2012年にスタートし、早稲田大学と米国の6つの提携大学の協働で運営されている留学プログラムです。日米高等教育機関間で行うカリキュラムベースの協働と、日米の学生および教員間で有意義な対話を築く取り組みのモデルとなるプログラムです。本プログラムに参加する早稲田大学の学生は、学部4年間を通じて特別な授業や活動で構成されたカリキュラムをこなします。大学2年次に米国のパートナー大学のいずれかに1年間留学し、帰国後の3年次には早稲田大学で、パートナー大学の学生たちと共に1年間ゼミを受講します。

プログラム紹介動画を見る »

詳しい内容を読む »