ブリンマー大学の寮で過ごす津田梅子と友人(1890年頃)
画像提供:ブリンマー大学資料室

 


 

ベストプラクティス事例:
ブリンマー大学と津田塾大学の提携の変遷

ブリンマー大学では現在、100年前から続く津田塾大学の提携関係を土台として、複数の講座から成る新たなテーマ別の学際プログラムを実施しています。この360o 型プログラムでは、2~3講座を通じて特定の問題やテーマを扱い、異なる分野の視点を織り交ぜて大局的な考え方ができるようにします。2010年のプログラム創設以来提供されてきた19のクラスターのうち、3つは日本に関するもので、2つでは日本への研修旅行(学期半ばに実施)が実施されました。うち1つは、東アジア研究、美術史、日本の災害復興を調査する都市プログラムを組み合わせた内容でした。 詳しく読む»