「授業の認定と単位互換を教員主導で行うプロセスがなければならない。自機関が実施する様々な留学プログラムに教員が情熱を注いでいることが絶対に必要な条件である。教員が自機関のコースに注いでいる情熱と同等の情熱を留学プログラムに注ぐことは、学生にも、その機関にも有用な結果をもたらすだろう」

 

NAFSA 『Strengthening Study Abroad 2008(2008年・留学を強化する)』