筑波大学で談笑する学生たち

画像提供: 筑波大学

 


ベストプラクティス事例: 筑波大学と「キャンパス・イン・キャンパス」構想

筑波大学は海外機関とのパートナーシップを再編成し、画期的な「キャンパス・イン・キャンパス(CiC)」構想を打ち出すことにより、過去5年間で受け入れ留学生数と派遣留学生数を倍増させました。キャンパス・イン・キャンパス構想とは、筑波大学が主要な海外パートナー機関・大学 と共同でバーチャルキャンパスを創設し、コース、研究設備、教職員を共有化する取り組みです。頻繁で継続的な国際協働とグローバル学習の環境の中で、留学生交流が行われています。 詳しい内容を読む »